FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青荷温泉 その3

青荷温泉 その2からのつづき)

まず混浴露天で過ごした私達、こんどは「滝見の湯」の建物へ移動しました。
088_DSC_7661.jpg

この建物、2階建てですが、左右の男女入り口の間、中央にも入り口がありますが、ここは2階が離れの客室になっていて、そこへの入口のようでした。

私達はもちろん、男女それぞれののれんがかかっている入り口から脱衣所へ入りました。

中はとても新しい木造の作りで、脱衣棚の上にはお決まりのランプが
090_DSC_7649.jpg 091_DSC_7657.jpg

そして、脱衣所から内湯へのドアの向こうにもランプが灯っていました。
089_DSC_7648.jpg 092_DSC_7656.jpg

内湯に入ってみると、木製のけっこう広い浴槽があったのですが、湯気でなかなか写真では表現できませんでした。
094_DSC_7650.jpg 093_P1290803.jpg

内湯の奥には窓、そしてその右側にはドアがあり、そのドアを開けると小さな露天風呂がありました。
095_P1290796.jpg 096_DSC_7653.jpg

露天は衝立で男女が仕切られていて、その衝立にもランプがとりつけられていました。
097_DSC_7652.jpg

で、その露天の先にある山の斜面を見ると…
098_DSC_7651.jpg

どうも滝があるようなのですが、よく見えないのでズームアップ
099_P1290798.jpg 100_1_P1290799.jpg

確かに滝のようです

でも、積もっている雪によって全貌が見えないのと、たぶん真冬で川の水量も下がっているようで、「これが滝見の湯?」というのが正直な感想でした。春になって雪が解け、また水量も下がったときの印象は全く違うのかもしれません。

ところで、この滝見の湯、先輩方のブログを拝見すると、ここには昔、混浴内湯の「竜神の湯」というのがあり、その内湯から窓越しに滝を見ながら入浴できたそうです。

しかし、すでにその竜神の湯は取り壊され、男女別のお風呂になったのが残念ですね。

でも、衝立の先が少し雪を除いてあったので(たぶん、お風呂の掃除をするときに行き来しやすいようにするためだと思うのですが)、
100_2_P1290789.jpg

衝立の向こうにいるなおに向かって、「誰もいないよ~」と言うと、
100_3R_P1290791.jpg 100_4R_P1290792.jpg 100_5R_P1290793.jpg 100_6R_P1290794.jpg 100_7R_P1290795.jpg

待ってましたとばかり、その除雪エリアを通ってきてくれました♪

100_8R_P1290801.jpg

こうして、なんとか混浴を楽しんだ私達。

滝見の湯から上がった後は部屋に戻り、最初に入った混浴露天をよーく見てみました。
106_1_DSC_7669.jpg 106_2_DSC_7673.jpg
でも、これじゃ露天に入っててもよくわからず、覗かれる心配はなさそうです

宿の建物と小川の間には、小さな雪山がいくつも並べられ、その中をくりぬいて雪蛍が作られていました。
106_5_DSC_7672.jpg

やがて日が暮れると、部屋の中はランプの灯りだけでかなり暗くなりました。
107_DSC_7674.jpg

でも、外を見るとランプや雪蛍の灯りが宿のまわりを支配してゆき、幻想的な風景になってゆきました。
108_DSC_7684.jpg 110_DSC_7683.jpg

まだ夕食まで時間があったので、「健六の湯」に行ってみようと、宿の玄関へ向かうと、ランプのシャンデリアがロビーを薄明るく照らしているだけで、雰囲気も全く変わっていました。
111_DSC_7682.jpg

玄関の外の風景もランプの灯りだけです。
113_DSC_7679.jpg 112_DSC_7677.jpg

そして、これが健六の湯の建物…男女別の内湯、女性だけは露天風呂があるのですが。
114_DSC_7680.jpg

実際にはこれくらいの暗さですけどね
115_P1290804.jpg

ここも滝見の湯と同様、脱衣所の中はとても新しい木の香りがしました。
117_P1290806.jpg 118_P1290808.jpg 119_P1290807.jpg

そして、浴室の床も浴槽も全て木造…全て青森県産のヒバ材で作られているそうです。
120_P1290809.jpg

ここも実際はランプの灯りだけなので、これくらいの明るさ…かろうじて湯船の水面が見える程度です。
121_P1290810.jpg

こうして健六の湯に入っていると夕食の時間になったので、宿の食事処に向かいました。

食事処もランプだけ…こんな明るさです。
122_DSC_7687.jpg

並べられた食事も、何でできているものかはよく見えないくらい
123_DSC_7688.jpg

ストロボを焚いて写真を撮ったら、ようやく何のお料理かがわかりました
124_DSC_7691.jpg 125_DSC_7690.jpg

ちょうどゆっちの横で食事をされていた女性は懐中電灯を持ってこられていて、お話を伺ったら青荷温泉には数回来られているとのこてと…さすがに経験者は違いますね。

この女性はお一人で来られているとのことで、話が弾み、さらにお酒も一本奢っていただきました。
この場をお借りして、熱く御礼を申し上げます

(青荷温泉 その4につづく)
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

他の方の温泉のブログはこちらから検索できますよ→

テーマ : 混浴温泉
ジャンル : アダルト

tag : 混浴 青森 ヌード

コメントの投稿

非公開コメント

なおさんの待ってましたというばかりの走ってくる姿が凄いですね(笑)
ランプの灯りの中だけの入浴は昼間とはまた全然違った雰囲気なんでしょうね。
星空も綺麗そうだし。
女性もあまり恥ずかしがらずに混浴に入れそうですね。
プロフィール

Yucchi & Nao

Author:Yucchi & Nao
We are a married couple in 50's living in Tokyo, Japan.
We love naked life in home, hot springs, beaches and more.
We appreciate to meet similar mind couples/singles and also escort them to the place where we can be all naked.

累計ご訪問者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。