FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青荷温泉 その2

青荷温泉 その1からのつづき)

1階への階段を降りてすぐ左側が、混浴露天風呂側への宿の出口です。
050_DSC_7616.jpg

ここでサンダルに履き替えてドアを出ると、すぐ左側にはランプ小屋がありました。
051_DSC_7618.jpg
ここにランプの燃料を保管しているのでしょうか、「火の用心」の表示…

そして、小道は吊り橋へと続いています。
053_DSC_7617.jpg

吊り橋の左わきにあるランプには一句書かれているようなのですが…
054_DSC_7619_Zoom.jpg
雪で半分埋もれていて、読めませんでした

ビニールシートで覆われた吊り橋を渡ってゆくと
055_DSC_7619.jpg

こんどはいろんな方向へと道が分かれていました。
056_DSC_7662_Panorama.jpg 057_DSC_7621.jpg
…この表示は埋もれてなくてホッ

露天はまずここをまっすぐ進むのですが、その先は「滝見の湯」の建物
058_DSC_7622.jpg 059_DSC_7623.jpg
…ここは後で入ることになります。

その右側には「幻渓楼」と書かれた建物…ここは離れの客室のようでした。
060_DSC_7624.jpg

そして、目指す混浴露天はさらに右側のココ
061_DSC_7625.jpg
まるで、雪のトンネルのような中へと入ってゆくのでした

トンネルを入ってゆくと…木の屋根で覆われた露天風呂が姿をあらわしました。
062_DSC_7626.jpg 063_DSC_7629.jpg

大きな湯船の向こう側は空いていて、そこに樽風呂もありました。
064_DSC_7628.jpg 065_DSC_7631.jpg

樽風呂の脇から大きな露天風呂の湯船を見た風景…右端がさきほどのトンネルの入口でした。
066_DSC_7630.jpg

脱衣所はこの写真の通路の右側…つまり、通路をまず歩いてくると左側の脱衣所に入り、通路を横切って湯船に入る仕組みでした。
067_DSC_7632.jpg
男性が入浴している中で女性が入ってくるのはちょっと勇気がいりますね。

脱衣所の脇には温泉成分表示…ほとんど中性の単純泉。
068_DSC_7633.jpg

ちょうどこのアングルから宿の建物を望むと、私達の宿泊している部屋の窓が見えました(笑)
069_DSC_7635.jpg

いよいよ、お待ちかねの入浴シーン…連続写真でちょっとサービス
070N_DSC_7636.jpg 071_DSC_7637.jpg 072_DSC_7638.jpg 073_DSC_7639.jpg 074_DSC_7640.jpg 075_DSC_7641.jpg

ただ、源泉温度が43.5℃(気温18℃時)なので、冬の大きな露天風呂はけっこう温く感じました。

そのためにあるのかどうかわかりませんが、樽風呂でまず体を温めることに
076_DSC_7642.jpg 077_DSC_7644.jpg

樽風呂は源泉温度からあまり下がってないようで、少し入ってるとのぼせてきたので半身浴に…
079N_DSC_7647.jpg

体が温まってしまえば、大きくて温めの露天風呂も気持ちよくなってきたのでした。
080_NEC_0003.jpg

気持ちよくなってきたら、寝湯が一番ですね
081N_P1290776.jpg 082N_P1290780.jpg

お湯は無色透明、ほとんど無臭で、水中撮影もばっちりでした(笑)
083N_P1290781.jpg 084N_P1290782.jpg

こうして、大きな湯船でゆっくり入浴してた私達ですが、不思議と誰も来ませんでした。

青荷温泉 その3へつづく)
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

他の方の温泉のブログはこちらから検索できますよ→

テーマ : 混浴温泉
ジャンル : アダルト

tag : 混浴 青森 ヌード

コメントの投稿

非公開コメント

露天にたどり着くだけでも一苦労という感じですね。
でも辺り一面銀世界の素敵な空間を独り占め出来て羨ましい限りです。
プロフィール

Yucchi & Nao

Author:Yucchi & Nao
We are a married couple in 50's living in Tokyo, Japan.
We love naked life in home, hot springs, beaches and more.
We appreciate to meet similar mind couples/singles and also escort them to the place where we can be all naked.

累計ご訪問者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。