FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤石温泉(再訪)

10月23日、十谷温泉の後、昼食をとって、向かった先は昨年宿泊した赤石温泉…
フォト
県道413号線をずんずんと登ってゆき、赤石温泉の手前に来ると電球
フォト フォト
富士山富士山がとても綺麗ぴかぴか(新しい)に見えていたので記念撮影カメラ

で、ほどなく赤石温泉に到着しました指でOK
フォト

お宿の帳場で受付を済ませ、早速露天風呂へ(立ち寄りは1時間制限なので)走る人ダッシュ(走り出す様)
フォト フォト

…なんと、誰もいませんでしたあせあせ

更衣室(男女別です)で脱衣し
フォト

さっそくカメちゃん入浴ですウインク
フォト

で、なおも登場ウインク
フォト 
昨年泊まったときにはこの湯船はひとつづきだったのですが、木材で2つに分けており、上の写真の手前側は温め、向こう側が適温になっていました。

で、もちろん適温のほうにまず入ってみました。
フォト フォト
向こうに見える水車を模したようなモニュメント、確か昨年は木材加工エリアで製作中だったと思います。

そして、一段高いところにあるもうひとつの湯船へ
フォト フォト
ここが熱めにしてあるとのことでしたが、あまり変わらなかったです。ちょうど宿のご主人が来られ、「温度どうですか~?」と聞かれたので「あまり変わらないよ~」と答えると、ボイラー室に入って調整をされていました。
沸かし湯とはいえ、温度管理は天候に左右されるので、大変ですね乙女座

で、もうひとつ

…湯船の横の谷側にある縁側にござと枕が置いてありました。
フォト

早速、寝てみます眠い(睡眠)
フォト
…誰もいなかったから生まれたままの格好でしたが、他のお客さんがいるとタオルくらいかけたほうがよさそうですねあせあせ

ご主人は木材でいろんなものをお作りなので、また来年行くとなにかが変わってるかもしれませんわーい(嬉しい顔)

帰りは富士5湖→道志街道経由で渋滞なしのルンルン走行車(セダン)ダッシュ(走り出す様)でした。
本栖湖畔からの富士山も綺麗でしたよぴかぴか(新しい)
フォト フォト

昨年の日記もあわせてご覧くださいね。
Part 1
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1204713217&owner_id=22354452
Part 2
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1212269727&owner_id=22354452
Part 3
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1214057257&owner_id=22354452

まとめとなおたんの評価です(昨年の宿泊とあわせたものです)

赤石温泉


2009.6.14宿泊、2010.10.23立寄り
混浴露天・内湯 日帰り可 9:00-17:00
露天は夏休み期間中および土日のみ
日帰りは1時間制限、露天と内湯は別料金 
冬季(12月~3月中旬)休業
0556-22-5188 山梨県増穂町大字平林3243
<なおたんの評価>
景色、眺望 ★★★★☆  雰囲気     ★★★★☆
ゆったり度 ★★★★☆  また行きたい度 ★★★★☆
その他
 露天は男女専用のしっかりした脱衣所もあり、また洗い場
 やシャワーもあって充実した施設になっていた。湯舟は熱
 めと温めの2つがあったよ。渓谷に面したテラスもありの
 んびりできるよ。内湯の岩風呂も風情があったね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

十谷温泉 源氏荘 (再訪)

先週の庭の工事で背筋痛になってしまってたので(情けな~ふらふら)、昨日(土曜日)、山梨にリハビリに行ってまいりましたほっとした顔

まずは昨年11月に訪れた源氏荘へるんるん
フォト フォト
まだかえでは青々としていて、紅葉はやはり1ヶ月後くらいかな?
(前回の日記はこちら↓)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1340319412&owner_id=22354452

9時すぎに到着し、10時の立寄り開始時間まで近くの渓谷と滝の散策に(そのレポはまた後日)に行き、10時ちょうどに戻ってきて…
フォト フォト

早速混浴露天へ走る人
フォト

最初はご夫婦の方(宿泊されてたようです)が1組だけおられ、少しするとお帰りになったので、前回は撮影できなかったアングルで写真を撮ることができました手(チョキ)
フォト
フォト フォト

で、おまちかね、なおたんの入浴で~すわーい(嬉しい顔)
フォト フォト

最近、カメちゃんがお気に入りの方もおられるので、記念撮影ぴかぴか(新しい)
フォト

岩風呂は相変わらず冷たかったですげっそり
フォト

結局、帰るまでに男性が2名来られただけで、この日は空いていました。

もみじの季節になるとどっと人が押し寄せるのかなぁ?

なおたんの評価がUpdateされたので、再掲しておきます。

十谷温泉 源氏荘

2009.11.15、2010.10.23立寄り 
混浴露天 日帰り可 10:00~17:00
0556-27-0224 山梨県南巨摩郡鰍沢町十谷4249


<なおたんの評価>
景色、眺望 ★★★★★  雰囲気     ★★★★☆
ゆったり度 ★★★★☆  また行きたい度 ★★★★☆
その他
 沸かしている露天風呂は09年に立寄ったときには少し熱
 かったけど、10年に再訪したときはちょうどいい温度でし
 た。一方、源泉そのまま投入と思われる大岩風呂は30
 ℃以下だったけど交換浴ができますよ。

十谷温泉 源氏荘

11/15(日)、急に思い立って山梨 十谷温泉 源氏荘に行ってきましたウインク

実は、2日前のボウリング大会で筋肉が張ってたからなんですけどあせあせ

谷筋の道を登って行き、最後は車がすれ違えないようなあせあせ(飛び散る汗)細い道になり…ようやく、源氏荘にたどりつきました。
写真

受付では、内湯の男湯が清掃中で、あと1時間くらいかかりますが冷や汗という説明をいただいたのですが、私達は混浴露天しか目がないあっかんべーので、全く問題なし…

旅館の横を通ってゆくと、吊橋が見えてきました。
写真 写真
ゆうぎりばしという名称のようです…夕方には霧がかかるのでしょうかexclamation & question

橋の途中から眺めた写真です。
写真 写真
川は前日までの雨で結構増水して濁っていましたが、紅葉は綺麗でした。

橋からお宿を振り返るとこんな感じ
写真

なおもおそるおそる渡ってきました…結構揺れるんですよげっそり
写真

橋を渡って歩いてゆくと、離れ客室の建物がいくつか建っていました。
写真 写真
ここの紅葉も綺麗でしたよ。

さらに歩いてゆくとカエルの石像が祭られており…
写真

その先に脱衣所の小屋が見えてきましたわーい(嬉しい顔)
写真 写真

脱衣所は男女別に分かれており、男性用は入口が一つですが、女性用はお風呂に行く出口は川側に別にありました…ゆっちは、脱衣を済ませ、女性用の入口近くでなーおたんを待っていたのですが、いつまで経っても出てこない…あせってしまいましたあせあせ

さぁ、いよいよ露天風呂です…しかし、この日は結構多くの人が来られていたので、全景を撮影するのは控えざるを得ませんでした…局所的な写真でご勘弁を乙女座
写真 写真
ここの源泉は35℃程度なので、加温しているようです。少し熱めでしたが、景色が良かったので、楽しめました。露天風呂は20人程度は無理なく入れる広さですねほっとした顔

次に、露天風呂の脇にある大岩風呂へ…
写真
上の写真は大岩風呂から露天風呂と脱衣場方向を見たところです。中央に見える横向きの木のオブジェの向こう側が露天風呂になります。

下の写真は、この大きな岩の屋根を後ろ側から写したものです。
写真
ほんとうにでかい岩でしたふらふら

ここのお風呂は、源泉を加温しないで投入しているようで、湯温は30℃を下回っているようでした。
写真
ずっと入っているのはちょっとつらいですが、露天風呂で温まって、それからこの大岩風呂に入って、また露天風呂へ戻ってということを繰り返して楽しむことができましたよウッシッシ

人の少ないときにまた再訪して、全景を撮影したいと思います。

では、まとめとなおの評価です。

十谷温泉 源氏荘
2009.11.15立寄り 混浴露天 日帰り可 10:00~17:00
0556-27-0224 山梨県南巨摩郡鰍沢町十谷4249
<なおたんの評価>
景色、眺望 ★★★★★  雰囲気     ★★★★☆
ゆったり度 ★★★☆☆  また行きたい度 ★★★★☆
その他
 沸かしている露天風呂は少し熱かったよ。一方、源泉そ
 のまま投入と思われる大岩風呂は30℃以下だったけど
 交換浴ができますよ。

山梨 赤石温泉(その3)

2009.6.14宿泊の赤石温泉のレポの最後になります。

その1
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1204713217&owner_id=22354452
その2
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1212269727&owner_id=22354452

まだ読まれていない方はそちらから先にご覧くださいね。

その2でも書きましたが、バーベキューを3時半までやってたので、おなかいっぱい。夕食は7時以降でいーよね と4人で合意してたのに、チェックインしたら「夕食は5時過ぎになります」やてげっそり
まあ、部屋に出しといてもろたら、食べたい時に食べようかと思ってのんびり露天風呂につかってたら、5時過ぎになって宿の人が「ずいぶん探しましたわ。。。もう夕食ですよー」と。。。4人ともげっそりげっそりげっそりげっそり

仕方ないので、部屋にもどると
写真
。。。しっかり夕食が用意されてましたあせあせ

馬刺し、鯉の洗い、岩魚(?)の焼き魚、山菜の天ぷら、鰻の蒲焼などなど。。。
皆、ふーふーいいながら、なんとか少しだけ残して、、、食べ終わったら7時半頃だったかな。

源泉温度が低いから加温の燃料代が大変なようで、露天風呂は6時までで終了(ただし土曜日は夜10時頃までのようですよ)だったので、混浴内風呂へ。。。(内風呂も夜6~8時は女性専用です)
写真
内風呂も露天風呂と同様に赤茶色のお湯です。
石が配置されていて、脇には水が滝のように流れててちょっと露天風呂の風情にもなっていました。

早速つかるなおたんです。
写真

でも、この場所はけっこう湯温高め。。。寝湯のように浅いところへすぐに移動してゆきますあっかんべー
写真

この内湯の脱衣場の横には、かわいい休憩室がありました。
写真
なぜかホッとする空間でした。

結局10時過ぎには深い眠りに。。。眠い(睡眠)

翌朝は早起きして、宿から川沿いを歩いて10分くらいのところにある妙蓮の滝へ行って森林浴ほっとした顔
写真

その後、また内風呂に入り、朝食を食べて宿を後にしました。

最後に、まとめとなおたんの評価です。

赤石温泉
2009.6.14宿泊 混浴露天・内湯 日帰り可 9:00-17:00
露天は夏休み期間中および土日のみ
日帰りは1時間制限、露天と内湯は別料金 
冬季(12月~3月中旬)休業
0556-22-5188 山梨県増穂町大字平林3243
<なおたんの評価>
景色、眺望 ★★★★☆  雰囲気     ★★★★☆
ゆったり度 ★★★★☆  また行きたい度 ★★★★☆
その他
 露天は男女専用のしっかりした脱衣所もあり、また洗い場
 やシャワーもあって充実した施設になっていた。湯舟は熱
 めと温めの2つがあったよ。渓谷に面したテラスもありの
 んびりできるよ。内湯の岩風呂も風情があったね。

山梨 赤石温泉(その2)

お待たせいたしました。
2009.6.14に宿泊した赤石温泉のレポの続きです。

その1はこちら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1204713217&owner_id=22354452

まずは大きな湯舟のほうに入りました。ここはちょうど良い湯温でしたよウインク
写真 写真

やはり、赤い傘を背景にすると風情がありますねほっとした顔
写真

そして、その大きな浴槽に隣接して一段上にある熱めの浴槽に入ってみようとするなおたん。。。でも、やっぱり熱くてちょっと断念してますウッシッシ
写真 写真

それでも、もう一度挑戦して、なんとか入った(ただ、2~3分)ふらふら
写真

大きな浴槽に流れ込むお湯は、木でできたオブジェから出ていました。
写真

さて、道路から旅館のほうに上がる道の途中の右手には、食用の鯉が泳いでいる池がありました。
写真

そしてその横にはなにやら樽風呂のようなものが電球
写真

また温泉かと思いきや、この樽の中は少人数用のバーベキューテーブルでしたあせあせ
写真

通されたお部屋は、駐車場側から旅館を見たときに見える角部屋の2間続きで、既に1部屋にはお布団がひかれていましたうれしい顔
写真 写真
写真 写真

結局、昼の12時過ぎから3時半頃まで河原でバーベキューを行い、その後、またすぐに露天風呂に入り、5時半からは夕食、さらにはその後も酒飲んだり内湯に入ったりしてたので、10時頃までは活動しっぱなし。。。夜までは布団いらなかったんですがあせあせ

それでは、夕食、内湯、そしてまとめはその3にご期待くださいね手(パー)
プロフィール

Yucchi & Nao

Author:Yucchi & Nao
We are a married couple in 50's living in Tokyo, Japan.
We love naked life in home, hot springs, beaches and more.
We appreciate to meet similar mind couples/singles and also escort them to the place where we can be all naked.

累計ご訪問者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。